上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名称未設定-1
Ilford multigrade MGIV/ ANSCO130


今日は久々に暗室。

あと10枚ほど印画紙が残ってると思ったら、4枚しかなかった。

個展の時のモノを1カット焼いたら、印画紙が残り一枚になって、
一回テストして、一か八かで焼いてみた。

…露光中に多階調フィルターを付け忘れてるの気づく。
焼き込みでタイマーのボタンを押し間違えて、タイマーになってなかった。

これ、完全に失敗。
忘れない程度に焼かないと。
スポンサーサイト
名称未設定 1
Ilford RC MG4 44M
developer; ANSCO130(1:1)


アスファルトがぎりぎり潰れないようにするのに(スキャンではわかりにくいけど)結構苦戦した割には
イマイチでがっかりの巻。
名称未設定 11
HOLGA GCFN
Ilford Multigrade IV RC 44M
Developer; ANSCO 130


Pyrocat-HDの調子を見たくて、前回の写真の別カットを焼いてみました…すみません。

今日は新しい印画紙現像液を使ってみました。
これまでは、譲ってもらったいつのかわからないゲッコールを使ってました(苦笑)

新しいのはANSCO130という現像液。
これも自家調合でございます。

ゲッコールに比べると…気持ち…なんか良いかも…

それよりフィルムの現像液をPyrocat-HDに換えたことの方が効果が大きいような。
これなら全然粒子が気にならない。

とりあえず、今のところ、これで試してみたかったことは終了。
後は印画紙をいろいろ試してみたいけど、高くて試せないな…(涙)
名称未設定 11
Ilford Multigrade IV RC pearl 10×12



プリント3回目

プライベートな写真もなんとか焼き終えて、やっと自分の写真を焼いてみた。

試したかったことの一つ。
まずテストプリントで標準の露光時間を決めたら、
その露光時間の80%の時間で一度焼き、5号で標準露光時間の50%の時間で再度焼くこと。

例えば標準が3号10秒だとしたら、3号8秒と5号5秒で焼くということ。

前に比べると、黒が締まった気がするけど、ちょっと硬調かな…。
少し慣れたのもあるけど、今日は前回よりは良い感じになった…と思う…。
名称未設定 81

あけましておめでとうございます。

今日は仕事始めでした。
年末・年始は近所で、実家でぼちぼち写真やってました。
年末には実家に作った暗室でプリントも2回ほどしました。

とりあえずテストとして従妹の結婚式の写真を焼いていますが、今ひとつ黒が締まってない気がする…。

まずはいろんな現像液と焼き方を試してみて、一番好みな焼き方を探そうかと。

そして、年末にebayで80mmのロダゴンを…。
さすがにアポロダゴンは買えなかった…。

これでやっと6×6、6×7が焼けそう。

そんなこんなで今年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。