スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょーごー

4309275254_4a0c766dd8_o.jpg
KODAK TMAX 100
24℃
Developer; Pyrocat-HD (1:1:100) 11min
Fixer; FT-2 7min


これもやりたかったことの1つ。

自分の現像のウデのせいもあるけど、どうも引き伸ばしたときの粒子の粗さが気になってしょうがない。
とくに35mmでヒトを撮ったときの肌の感じとか…。

そこで、安易ながらフィルムの現像液を変えてみようかという結論に達したわけです。

いろいろと調べて、あーでもない、こーでもないと思いながら、Pyrocat-HDを試してみることに。
市販もしてるみたいだけど、自分で調合。


早速現像…


いいかも…。
高鮮鋭でD-76(1:1)より微粒子な気がする…。

早く焼いて見てみたい。

COMMENT

masa-masa-j45 URL @
01/28 20:32
相変わらず・・・
相変わらず、t_imaさんのモノクロ写真はいいですね。
ここ最近、知り合いから写真の仕事を頼まれるようになったので、いい加減真剣に勉強しなきゃ!と思い始めています・・・。

アルバム届きました。いやはや・・・素晴らしいの一言でした。ホントt_imaさんのモノクロ写真は好きだな~、と。

ちなみに、以前教えていただいたメールアドレスと、アルバムと一緒に入っていたDMのアドレスが人文字違うような・・・。
ash1kg URL @
01/29 02:26

フィルム現像の粒状性は現像液でも違いますが、温度・時間・希釈率によってもずいぶん変わりますよ。
D76でも1:5で希釈したり、10℃ぐらいの超低温で長時間の静止現像する人もいるし。
薬品調合はけっこうばらつくことが多いので、まずは市販の現像液であれこれ試すことをオススメします。

T-MAXならT-MAX Developerを使ってみたらいかがですか?一般的に粒状性は良いとされてますが。
(というよりkodakがT-MAXにD76は最適とは言ってなかったような気が…)
t_ima URL @
01/29 09:52
masa-masa-j45 さん
写真集届きましたか!

ブログ見させてもらいましたよ!
上手いですよねー僕はあんな風には撮れないです…。

今見たら、思いっきりアドレス間違ってる…。
また訂正しないと…ありがとうございました。

また、遅くなりましたがあとでメールします!!
t_ima URL @
01/29 09:56
ash1kg さん
今までは何もわからず、フィルム現像やってましたが、プリントを始めると、
いろいろと考えないといけないことがでてきて…(汗)

自家調合は、いろいろと理由がありまして…
恵まれた環境にいるので、再現性については、ほぼ問題ないかと思ってます。

確かにD76とTMAXは相性良くないですね…。
TMAXデベロッパーも試してみます!!
ash1kg URL @
01/29 15:47

>恵まれた環境

あ、そうか!そうでしたね!
組み合わせがありすぎて僕にはとうてい足を踏み入れられない世界なので、具合の良い現像薬ができたら僕にもわけてください(笑)
t_ima URL @
01/30 10:13
ash1kg さん
そ、そうなんですよ(笑)
もし、試してみたいモノなどありましたら、作れるかもしれません。

そのときはご一報を!














 

TRACKBACK http://ti0310.blog120.fc2.com/tb.php/182-dd06daa6

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。