スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコの花嫁

ペンタコン6は、旧東ドイツのものですが、
今回はebayで純正の明るいファインダースクリーンを見つけたので早速落札。

なんとこのファインダースクリーン、チェコから来ました。
普通ならチェコから荷物なんか届かないよなぁと思いながら、
毎度おなじみのファインダースクリーンのビフォーアフター。

まず、ビフォー(すんません、ピンぼけ…)。


で、アフター。


ピント距離を調節して、交換するのにちょいと手こずった。でも、これならいける!
本体が壊れなければ、使えるんだけどなぁ。

で、ついでに記念撮影。

バケペンより小さいかと思ってたら、サイズはほぼ一緒だったのね…。

COMMENT

もみ URL @
03/16 20:18

こんにちは、お邪魔いたします
某写真サイトでお写真は拝見してました、もみです

私も先日、Pentacon Sixのコピーと呼ばれるKiev 6Cを手にしましたが
コマダブりに泣かされ、対処法をググって居たところ
こちらの記事に辿り着きました^^;

P.Sixは気になっていたカメラだし、お写真も楽しみなので
今後も立ち寄らせていただきます 
どうぞよろしくお願いいたします  ┏○ペコリン
t_ima URL @
03/17 09:56

> もみ さん
おお!コメントありがとうございます。
某写真サイトは辞めちゃいました(汗)
今はflickrのどこかでやってます(笑)

あら、KIEV 6C買われたんですね!
僕もそうですが、やっかいなものに手を出しちゃいましたね^^
僕のは今のところ、コマダブりはないです。
でも、つい昨日も、巻き上げレバーが途中で止まって、焦りました。
カメラ自体は安いですが、結局たくさんお金かかりそうな予感(汗)

たいしたブログでもないですが、
よかったら暇つぶしにでも来てください(笑)














 

TRACKBACK http://ti0310.blog120.fc2.com/tb.php/5-1f3c6c42

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。