スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名称未設定 31

自家プリント第二弾に行ってきました。

3時間弱で本番4枚。
だいぶ作業に慣れてきて、ますます楽しくなってきました。

ちなみに右のプリントは師匠作。左は僕作。
同じ事をやってるようで出来上がりに歴然とした差が…(涙)

他人のプリントとか現像したネガを見せてもらうと自分の下手さ加減がよくわかります。
というわけで、現像もプリントも頑張りまーす。

COMMENT

*toki URL @
09/05 14:21

どんどんスキルアップされていきますね~!

僕は未だに暗室デビューもしてませんが、
記事を拝見してるとホント楽しそうですね^^

どちらも綺麗だと思いましたが、
確かに師匠のプリントは引き算が出来ていると言うか、
主題が引き立っていますね。
勉強になります^^
t_ima URL @
09/05 16:55
*toki さん
ご無沙汰してます!

*tokiさんも機会がありましたら、是非プリントやってみてください!
たぶん、はまると思いますよ(笑)

この写真、窓の部分と椅子の下の畳の部分を焼き込んでます。
でも、同じようにやってるようで、違うんですよねー…(汗)

プリントも奥が深いです…(苦笑)
kawamutsu URL @
09/06 22:13

以前、横浜で日本プリンター協会主催の写真展を見ましたが、その中に一枚のネガをプロのプリンターが焼きで表現するというものがあったのですが、それはもう、それぞれの個性が出ていて面白かったです。
プリントは焼く人によって個性や癖が出るのは当然。
スキルが身につくまでまでは真似でも良いと思いますが、それ以降は作家自身の表現領域になって行きますよね。
色々と試されて、ご自分のトーンを見つけられるようにがんばってください!
t_ima URL @
09/08 12:17
kawamutsu さん
実は、そのプリンター協会の方に今習ってるのですが、
同じことをやられてました。
ほんと同じネガなのに、いろいろ様々で感心しました。
いきなり自分ならどう焼く?と聞かれて、かなり困りましたけど…(汗)

モノクロは奥深いですねー!














 

TRACKBACK http://ti0310.blog120.fc2.com/tb.php/91-7e708a5e

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。